2020 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2020 07
日経225先物 1月19日の結果
2011/01/19(Wed)
日経225先物 1月19日の結果

本日は寄り付き「売り」で1万円負けでした。

他のトレーダーの皆さんの成績は・・・

今月成績 3勝6敗1分1見送り -11万円

システム配信等のお問い合わせ・お申し込みは・・・

nk225longshort@yahoo.co.jp または fxde50man@mail.goo.ne.jp

人気ブログランキングへ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

普段は堕落した日本の政治問題にばかり目がいきますが、

jal_02_360_270.jpg

うっかりしているとこんな“目が点になるニュース”がありました↓

経営再建中の日本航空から昨年12月31日に整理解雇されたパイロットと客室乗務員計146人が19日、解雇無効を求める地位の確認などで東京地裁に提訴した。同日は日航が会社更生法の適用を申請してからちょうど1年。訴訟が長期化する恐れもあり、日航の経営再建の行方にも影響を与えそうだ。

 裁判では解雇の必要性や回避努力、人選基準の合理性などが争われる。日航は会社更生法の適用を申請後、不採算路線の撤退などによる事業規模の縮小に合わせて希望退職を募集したが、削減目標の1500人に満たず、昨年末に休職者を含め165人の雇用契約を解除した。

 対象になったのは、機長が55歳、副操縦士が48歳、客室乗務員が53歳以上。そのほか、病気などで一定期間休職した人も含まれている。原告数は整理解雇の対象者の約9割を占めている。内訳は機長17人、副操縦士57人、客室乗務員が72人。

 原告側は、「経営側は希望退職の対象年齢引き下げなどの解雇を回避する努力を尽くさず、年齢による人選基準も不合理で、人員削減の必要性もない」と主張している。


JALのパイロットと客室乗務員は会社が倒産している事実をわかってないようですね・・・。

しかも、多額の税金が投入されています。

この期に及んで逆ギレ訴訟とは・・・・長らく特権階級で胡坐をかくと常識が破壊されるようです。

普通の会社なら国の支援も受けずに倒産してそれでオワリですよ。

JALの社員よりももっと悲惨な境遇のサラリーマンは世の中にゴマンといる。

知っている人は知っていることだけど、パイロットはおおかた愛人とワインの話しかしない(笑)

パイロットというポジションと破格の待遇がそうさせるんでしょうが、

今まで散々一般人では想像できないぐらいイイオモイをしてきたんだから、ある意味で自業自得。

訴訟は見苦しいし、はっきりいって国民に対して失敬だと思う。

以前にブログで書きましたが、この様子だと遅かれ早かれJALはもう一度倒産しますね。


く日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

さらに役に立つ225投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
ブログランキング
bnr02.gif
120x60b.gif
★日経225先物・OPランキング★
スポンサーサイト



この記事のURL | 過去記事 日経225先物&CFDのトレード結果 | ▲ top
| メイン |