2020 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2020 07
日経225先物 12月3日の結果
2010/12/03(Fri)
日経225先物 12月3日の結果

本日は寄り付き「買い」で5万負けでした

他のトレーダーの皆さんの成績は・・・

今月成績 1勝2敗 -7万円

システム配信等のお問い合わせ・お申し込みは・・・

nk225longshort@yahoo.co.jp または fxde50man@mail.goo.ne.jp
人気ブログランキングへ
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

最初で最後の「携帯FXセミナー」(12月3日 残り枠1名様となりました)通常の「FXセミナー」はあと1名受付してます
携帯だけの簡単デイトレ

昨日の週間新潮だったかの記事に「NYタイムズも驚いた!!日本最貧都市!?大阪市を歩く」なる記事が・・・。

さっそく記事を読んで見ると、やや極端な例を抜粋して紹介しているものの、当たらずも遠からず・・・(笑)

確かに大阪はずべてが過剰供給でモノもサービスもハコも余りまくっています。

とくに不動産市況は悲惨そのもので、新築の大型ビルだと空室率がナント60%以上です。

マンションなんかも余りまくっていて、

街を歩けば、空室を抱えたマンションやビルがあちらこちらに・・・・見事な衰退ぶりです。

日用品なんかでも確かに安い・・・私がいつも買う目薬「サンテFX」が、

東京六本木にあるホテル「グランドハイアット」となりのドラッグストアで800円近くしますが、

私の事務所近くのドラッグストアだと300円ほど・・・ww

アロママッサージなんかもよく行きますが、東京と大阪ではへたすると2倍ちかく値段差があります・・・(^^;)


こりゃ「NYタイムズ」もびっくりです(笑)

大阪ではここ1、2年で急速に“デフレ”が進んでいて、ある意味で一線を越えてしまった感すらします。。。

実際に住んでいるからわかりますが、

街は明らかに衰退していて、人々の所得(購買力)も年々下がってきています。

典型的なデフレスパイラル。


モノやサービスの値段は結局のところは需給関係で決まります。

人口がわずかでも増え続ける東京と、人口がわずかでも減り続ける大阪は、同じ国の中にあっても別世界なのです・・・・。

人間社会では、ヒト対ヒトでビジネスチャンスといいますか、市場メイキングされます。

人口が増えれば増えるほど原則的には有利なのは言うまでもありません。

むかし、コイズミ政権時代に竹中屁蔵が“お金を稼ぎたいのなら東京に来ればいい”と発言してましたが、

経済の原理原則から言えば、文句なしにこれは正解です。


今後2050年までに日本の人口は3800万人も減ります・・・

これはオランダとオーストラリアの全人口を足した数よりも多いのです。

大阪の凋落は、未来の日本の姿を暗示しています。。。


日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください(^^;)↓
FXブログ

さらに役に立つ225投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
ブログランキング
bnr02.gif
120x60b.gif
★日経225先物・OPランキング★
スポンサーサイト



この記事のURL | 過去記事 日経225先物&CFDのトレード結果 | ▲ top
| メイン |