2020 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2020 07
日経225先物 10月4日の結果
2010/10/04(Mon)
日経225先物 10月4日の結果

本日は寄り付き「買い」で6万負けでした

今月成績 1勝1敗 +1万円

システム配信等のお問い合わせ・お申し込みは・・・

nk225longshort@yahoo.co.jp または fxde50man@mail.goo.ne.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

10月1日はほとんどの大手企業において「内定式」があったようです。

厳しい就職戦線を勝ち残った学生はようやく安堵の息をついているのではないでしょうか?

“2ちゃんねる”なんかで「就職」と検索すれば、たくさんのスレッドがあるので、何気に潜入してみると

体感温度以上に厳しい現実が悲喜こもごもの書き込みから透けて見えました・・・。

厳しいと言うよりも、“雇用がそもそもない”と言った感じです。

学生も厳しいのですが、そこそこの企業に勤めている方が30代半ば過ぎに職を失うと、

まず、前職以上の職にありつけないのが当たり前のようです。

一般的に30代半ばといえば、子供もいて、住宅ローンなんかも抱えて、まさにこれからお金がかかる世代・・・・

食い扶持としての“会社”の存在に、思いのほか自らそして家族の人生を依存しているということがわかります。


何度もブログで書いていますが、日本にはもう“ノビシロ”がありません。

モノは溢れ帰り、ヒトは少なくなっていますので当たり前のことです。

グローバルな競争にさらされて海外に雇用流出している製造業の空洞化を見るまでもなく、

今後の日本では老齢医療・介護などの高齢者向け特定分野を除いては、雇用が増えることはありえません。

将来に対する茫洋とした不安がひとびとを萎縮させています・・・。

医療の高度化で伸び続ける寿命は、そのまま“生きながらえるリスク”なりかねない今日ほど、

国に頼らないの個人レベルでの将来設計が求められるのではないでしょうか?


私自身の実体験をふまえ、年齢を重なるごとに見えてくる日本のデタラメさを確認するにつけ、

自分と自分の家族を守るのは自分しかいないという当たり前の事実を再認識する今日この頃です。

家族のために魂を削って働くまじめな勤労者や不器用な正直者が“割を食う”のが、わが国です。

残念ですが事実です。

坂本龍馬が生きていたなら今の日本は、

日本を今一度洗濯いたし申し候


・・・となるのでしょうか?




日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください(^^;)↓
FXブログ

さらに役に立つ225投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
ブログランキング
bnr02.gif
120x60b.gif
★日経225先物・OPランキング★
スポンサーサイト



この記事のURL | 過去記事 日経225先物&CFDのトレード結果 | ▲ top
| メイン |