2020 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 06
背中をポンポン・・・でわかる日米関係
2010/06/30(Wed)
背中をポンポン・・・でわかる日米関係

G8での菅総理は米国のご機嫌取りに必死でしたね・・・(´Д`).∴カハッ

なんだか悲しいぐらいです。

G8のある1場面がこちらの写真↓なんですが、
20100626k0000e030046000p_size5.jpg

動画はこちら↓


うっかりていると見過ごしがちな一瞬の出来事でしたが、今の日米関係を如実に表すひとコマです。

オバマ大統領が菅総理の背中をポンポン・・って。。【゚Д゚】??

世間の常識でいえば、

挨拶時に相手の背中をポンポンっていうのは、目上の人間が部下や若輩者に対して労いや励ましの際に行うものです。

つまり、“よくやった”とか“がんばってるな”とか“まあまあ、無理すんなよ”とか・・・



一国の総理大臣である菅総理に背中をポンポンって・・・ここにアメリカの日本に対するスタンスが見えてきます。。。。

もちろん、このオバマ大統領の「背中ポンポン」は菅総理だけ(笑)

G8に限らず、国家のトップ会談レベルで挨拶時にお互いの背中ポンポンの抱擁はありえますが、

一方的な「背中ポンポン」はありえないと思います。

オバマ大統領が

中国の国家主席である胡錦濤に「背中ポンポン」・・・100%ないでしょうし、

ロシアのプーチン大統領に・・・当然ありえないですね。


つまり、米国(親分)>日本(子分)ってことです。。。。



ところで、この米国大統領からの「背中ポンポン」をもっとも受けたであろう総理大臣は誰かというと・・・・

鋭い方ならもうお分かりかと思いますが、稀代の売国宰相であった小泉純一郎だったのです。

飼い主の前でプレスリーのモノマネ・・・・さすがのブッシュも引いていました(汗)↓
69fd5d80.jpg


外交のささいな一場面でも互いの関係を鮮明に、雄弁にあぶりだすこともあります。



これ以上、日本が不幸にならないように、

我々国民は、いい加減なマスゴミの世論誘導に惑わされずに、リーダーの一挙手一投足をしっかりと見張る必要があります。。。。

そういうクセをつけなければ、

小泉純一郎のような売国奴がいつのまにか再び現れて、

今よりさらに国民生活をぶっ壊す・・・・かもしれません。


日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください(^^;)↓
FXブログ

さらに役に立つ225投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
ブログランキング
bnr02.gif
120x60b.gif
★日経225先物・OPランキング★
スポンサーサイト



この記事のURL | 過去記事 雑文コラム~管理人の独り言~ | ▲ top
| メイン |