2020 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2020 07
日経225先物 4月26日の結果
2010/04/26(Mon)
日経225先物 4月26日の結果

本日は寄り付き「売り」で10万負けでした(損きり)

今月成績 3勝13敗2分 -56万円

う~ん・・・今月は相場とかみ合わないですね(><)

まああと3営業日ですので、挽回したいものです(^^;)

今月はあれだけ陰線をつくりまくったのですが、

ここにきて「買い」転換・・・でしょうか!?

上がってもせいぜい12000・・・あとは下に大きくダイブすると見ています。。。。

そもそも6京円(6兆円の10000倍!!)ともいわれるデリバティブ爆弾が世界で炸裂するかもしれないほどの

とてつもない規模の金融恐慌がわずか2年ほどで簡単に収拾するはずもなく、

今の状態は“あや戻し”・・・・一時的に生き返ったふりをしているだけと考えます。

世界の過去のバブル相場崩壊過程を見ても、一時的なあや戻しを繰り返しながら、

高値の5分の1~10分の1程度まで相場が崩落しています。

とすれば、日経平均は最終的に5000円あるいは3000円程度まで下落しなければおかしいのです。。。

この事実からも、現在は下げ止まったのではなく、まだ下落相場の途中と考えます。

今回の米国サブプライム問題に端を発する金融恐慌は

規模の大きさにおいて歴史的に例のないものであり、

とても日経平均7000円のダブルボトム程度で収拾するとは考えられないのです。

相場を持ち上げるだけ、持ち上げてから日本の個人投資家が喰らいついてきたとこで、ハシゴはずし・・・

そして徹底的に売りたたく・・・

青い目の狼はいつも巧妙に、狡猾に、冷酷に、日本人の資産を収奪してきました。

アングロサクソンは他者からの収奪も厭わない狩猟民族であって、我々のような牧歌的農耕民族ではありません。

戦後の日本を対米従属・無力化するためにとられた「3S政策」などのように

*「3S政策」・・・セックス・スクリーン(映画・TV)・スポーツ・を奨励して日本人の興味を政治経済からそらし、能動的思考・分析力を弱体化する目的でGHQがとった超長期対日白痴化政策。日本テレビがCIAの末端下部組織であるのはもはや常識。

自己利益最大化・恒久化するための、かれらの戦略はとても緻密で驚くほど長期的視野に立っています。

天真爛漫に国家や会社を頼れない今ほど、

個人レベルでの人生戦略が重要ではないでしょうか?


日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください(^^;)↓
FXブログ

さらに役に立つ225投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
ブログランキング
bnr02.gif
120x60b.gif
★日経225先物・OPランキング★
スポンサーサイト



この記事のURL | 過去記事 日経225先物&CFDのトレード結果 | ▲ top
| メイン |