2020 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 06
コツコツ複利運用が開く希望の扉
2010/01/15(Fri)
最近読んだ書籍の中で
7andy_31640251.jpg
「マネーの公理 スイス銀行家に学ぶ儲けのルール」があります。

私が好きな数少ない本物トレーダー“ラリーウィリアムズ氏”の愛読書としても知られる名著です。

監訳がこれまた私が好きな緻密な論理派“林康史氏”です。

書いてあることはある意味で当たり前のことなのですが、

相場の世界は当たり前のことを当たり前に継続するのが難しいのです。

いつの間にか決めてたはずのトレードルールを破っていることが往々にしてあります・・・。

内容は割愛しますが、読んで損はない内容ですので立ち読みでなく購入がいいでしょう(^^;)

自分に言い聞かせる意味で、こういった書籍は折を見て読み返すのがいいですね。。。。



いくらのの資金で何年後にいくらの資産をつくるのか??

これがはっきりしないと長期の投資戦略は練れません。

たとえば夫婦2人で趣味などを存分に楽しみながら平均寿命まで豊かな老後を送るなら2億円あれば可能です。

生涯賃金が3億円の会社員ではとても2億円はつくれませんが、

正しい投資(本著ではあえて投機と表現している)は不可能を可能にします。

普通の会社員が定年までかなり節約しても2億円は到底不可能ですが、

300万円の種銭はつくれるはずです。

300万円から運用スタートして平均年利20%なら・・・・

10年目 1857万円

20年目 1億1500万円

23年目の途中で 2億円突破です。

まあ現実のトレードでは様々なことが起きますので、計算どおりにはいかないことも多々ありますが、

複利でコツコツ増やす大切さを知っていただきたいのです・・・。

現在40才の会社員の方でも定年時には十分な資産家になれるのです。

正しいトレード手法であれば年利20%程度なら誰でも達成できます。

不安が渦巻く現代こそ勇気をもってコツコツ投資・・・・再認識しました。


日本を代表する超大手企業JALの年金大幅カットの例を出すまでもなく、

自分と家族の将来を守るのは

今この時間を生きる自分であり、

国でもなく、会社でもないのです。

自分の今の決断と行動が未来を決めるのです。

当たり前のことですが。。。。。


簡単に電卓での複利計算の方法を・・・・

100万円を年利10%で10年複利運用なら

1.1 ××(×を2回押す)100(万円)=(=は運用年数分10回押す)・・・259万円

300万円を年利30%で20年運用なら

1.3 ×× 300(万円)=(=は20回押す)・・・・5億7000万円!!


「人間の発明した仕組みでもっとも驚くべきものは複利である」・・・・アインシュタイン


日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください(^^;)↓
FXブログ

さらに役に立つ225投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
ブログランキング
bnr02.gif
120x60b.gif
★日経225先物・OPランキング★
スポンサーサイト



この記事のURL | 過去記事 雑文コラム~管理人の独り言~ | ▲ top
| メイン |