2020 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 06
やっぱりアベシンゾーの仕業
2018/03/15(Thu)
今年1月21日に多摩川で入水自殺を遂げた評論家の西部邁氏(享年78)。西部氏の死をめぐって、警視庁捜査一課が再捜査に動き始めたことが「週刊文春」の取材で分かった。

「事件当初、警視庁田園調布署は、現場に遺書が残されていたことから自殺と判断しました。しかし、その後、いくつもの不可解な点が見つかった。自殺を手助けした人物がいる可能性が高いと見て、捜査一課の捜査が続いています」(捜査関係者)

 遺体発見の前夜、西部氏は新宿の行きつけのバーでウォッカを痛飲。深夜11時過ぎ、長女をタクシーで帰した西部氏は7時間後、帰らぬ人となって発見された。

 最大の謎が西部氏の遺体の状況だ。多摩川から引き上げられた遺体は、工事現場用のハーネスで固定され、白いロープが結び付けられていたという。

 西部氏の親族が語る。

「邁さんは手が不自由で、食事をするときは箸ではなくスプーンです。それにシャツのボタンを留められず、長女が手伝っていました。ロープの片側は木に巻きつけられていたといいますが、彼1人でロープを結べるとは思えません」


http://bunshun.jp/articles/-/6558

639336.jpg

とんでもないスクープが出てきましたね。
入水自殺で処理されていたものが穿り返されるって、よほど確信的な何かを捜査当局が掴んだんだろう。
アベシンゾーの失脚が確定したので、忖度で隠されてきたいろんな膿が一気に表面化しそうだ。
そういえば、この西部氏はアベシンゾーと低脳ネトウヨにずっと批判的でしたが、
「真の保守ではない」と喝破されたことがよほど気に入らなかったんだろう。
真性のバカって、バカだと指摘すると本気で怒るよなw
それだからって78歳の老人を始末することもない。
やっぱアベシンゾーは稀代のサイコパスで詐欺師だ。アキエもね。
いったい何人殺してるんだよ?
戦後最強の官房長官として、カミソリ後藤田の異名をもった後藤田正晴氏のアベ分析は正しかったな・・・。

「安倍晋三だけは首相にしてはいけない。みんなは岸の恐ろしさを知らない。
岸の血って、血縁って言うだけじゃないんだよね。
人としての情が無い。恥を知らない。
岸信介と安倍晋三に共通しているのは、その恐ろしさなんだ。」
  
 後藤田 正晴



記事が面白かったときだけ応援クリックお願いします(^^;)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

c_01.gif
スポンサーサイト



この記事のURL | 未分類 | ▲ top
| メイン |