2020 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2020 07
ビール作りは意外に簡単
2018/03/01(Thu)
 2010年にお店で醸造したビールをその場で提供する「高円寺麦酒工房」を夫婦で開業。順調に店舗を増やし続け、いまでは都内を中心に8店舗を経営する男性がいる。夢はいつでもどこでもビールを気軽に飲める文化を広げること。100店舗まで増やすことを目標にしている。

 男性は脱サラ後、自分が打ち込むべき仕事を見つけられずに苦しんだ。開業してからはがむしゃらに働いてきたが、規模を拡大していくなかで苦しみも抱える。自家醸造ビールに魅せられた男の人生を振り返る。

 「ペールエール」「ベルジャンホワイト」「クリスタルブロンド」――。大手メーカーのビールしか飲んだことがない人にとっては、馴染みのない言葉が目に飛び込んでくる。注文すると店員がサーバーからビールを注いでくれる。ビールを飲むと口の中にはフレッシュな香りが広がる。価格は1杯あたり400~500円台と庶民的だ。手作り感あふれる店内では読書をしながらゆっくりとビールを楽しむお客の姿が目に入る。休日の昼間に1~2杯気軽に楽しんで1500円以下という価格設定だ。

 ここはJR高円寺駅から歩いて5分ほどの場所にある高円寺麦酒工房。2010年に能村夏丘氏(36歳)が妻と開業した店舗だ。店には醸造所が併設されており、従業員が日々新しいビールを仕込んでいる。市販されているビールにはない出来たてのビール風味を味わうことができるのが特徴だ。

 「その街のビール屋さんがつくったビールを地域の人が飲む。そんなことが当たり前になればいいと思うんです」


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180301-00000008-zdn_mkt-bus_all
2236658.jpg

できたての地ビールがその場で楽しめる店みたいで、そりゃ美味いだろう。
ビールは鮮度こそが命で日持ちはしませんが、
狭い商圏でも高頻度で店に来てくれるビール党が常連になれば、こういったビジネスモデルも成立しますね。
大量生産・大量消費の時代が終わり、
少し高くても良いものを食べたい・飲みたいという価値観を持っている人が増えてきたことも大きな要因だろう。
ドイツなんかに行くとこういったお店がけっこうありますよね。
世界的に有名なビール大国ドイツには、醸造所の数が1350以上、銘柄はなんと5000種類もあるといわれています。
日本でも小さなブルワリーが増えてきて、個性的なビールが増えてきたように思います。
ビール作りって典型的な装置産業だと思っていて、資本の少ない個人が手がけるのは難しいと思ってましたが、
けっこう小規模でもはじめられるんですね。驚きだ。
海外では個人消費に限りアルコール度数1%以上の自家醸造が認められている国が多く、
キットや道具が多数販売されています。
残念ながら日本国内ではアルコール度数1%以上の醸造は認可が必要ですが、
たくさんのビールキットが和訳され輸入されています。
ということは個人の責任においてなら日本国内でも本物のビールを作ることは可能な訳です。
しかも、安く、新鮮で思い通りのレシピのビールができます。
私もやってみようかな・・・それほどビール好きじゃないけどw



記事が面白かったときだけ応援クリックお願いします(^^;)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

c_01.gif
スポンサーサイト



この記事のURL | 未分類 | ▲ top
| メイン |