2020 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2020 07
日経225先物 7月31日の結果 +140000円
2014/07/31(Thu)
日経225先物 7月31日の結果 +140000円

今月合計  +320000円

認知症高齢者とその予備軍は日本では合わせて862万人、高齢者の4人に1人は認知症になるという。認知症については、アメリカをはじめ先進国で共通の社会問題となっており、世界各国で研究が進められている。そうしたなか、これまで未知の部分が多かった「認知症になりやすい人」の特徴が、科学的にわかってきた。

 たとえば2012年、米国ボストン・メディカルセンターの研究チームは、「歩くスピード」と「握力」で認知症になりやすいかどうかがわかると発表した。

「2400人を対象とした11年間に及ぶ追跡調査の結果、歩くスピードが遅かった人は、速かった人に比べ認知症の発症リスクが1.5倍も高かったという。同様に、握力の弱い人ほど、認知テストの点数が低かった。11年という長いスパンの調査研究だけに信頼性が高い。歩くスピードや握力が、大脳の総体積に比例するからです。

 ちなみに、これらは脳卒中のリスクとも相関関係があることから、脳の機能が低下し障害が出ているという点で、脳卒中と認知症はその発症リスクにおいて関連性があると考えられます」(医療ジャーナリストの田辺功氏)


http://news.nicovideo.jp/watch/nw1093884

これはけっこう当ってますね。
私の今までの経験則だと、歩くのがノロい人は明らかにボケやすいです。
握力云々はわかりませんが、口腔ケアを怠る人や食べるのが遅い人もボケやすいですね。
認知症は本人はボケてるからいいものの、周囲の家族は地獄です。
最悪の場合だと、介護離職にまで追い込まれて一家離散しかねないです。 
何よりも、ボケた親を見るぐらいつらいことはないです。
「歩くスピード」は先天的要素だから、意識して早く歩いても効果がないのかもしれませんが、
“遅い”という自覚がある人は気をつけたほうがいいでしょう。
手先を使うクリエイティブな趣味を持つとか、先日紹介したように緑茶を毎日飲む・・・なんかもいいと思います。

ちなみに私の歩くスピードは国内最速クラスですw
今まで生きてきて自分より早く歩く人をほとんど見たことがないです。
東京駅なんかだとたまに互角の早さか若干早い人を見かけるぐらい。
ご飯を食べるのも早いです。
小学校から高校までずっとクラスで一番でしたからww
牛丼が好きで今でもたまに行きますが、誰よりも遅く入店して誰よりも早く店を出ます。
咀嚼スピードが早いのですw



日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

FXで稼ぐなら・・・


人気ブログランキングへ


CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
ブログランキング
bnr02.gif
スポンサーサイト



この記事のURL | 過去記事 日経225先物&CFDのトレード結果 | ▲ top
| メイン |