2020 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 06
日経225先物 7月25日の結果 +100000円
2014/07/25(Fri)
日経225先物 7月25日の結果 +100000円

今月合計  +180000円

労働時間規制の適用除外制度、いわゆる「残業代ゼロ制度」の具体的な検討作業が厚生労働省の審議会で始まった(7月7日)。

現行の労働基準法は1日8時間、週40時間を超えて働かせる場合は1時間につき25%以上の割増賃金(午後10時以降の深夜残業の場合は+25%の計50%)を支払うことを義務づけている。

新たな制度は簡単に言えば、一切の残業代を支払う義務をなくそうというものだ。

ただし管理職(管理監督者)は残業代が出ないので、ターゲットは非管理職の主に20~30代の若手社員ということになる。

安倍政権が打ち出した成長戦略(「日本再興戦略」改訂2014)では新制度の対象者について

(1)少なくとも年収1000万円以上
(2)対象者は職務の範囲が明確で高度の職業能力を有する労働者

の2つの要件が記載されている。

そして<労働政策審議会で検討し、結論を得た上で、次期通常国会を目途に所要の法的措置を講ずる>としている。

しかし、年収1000万円以上の給与所得者は管理職を含めて3.8%しかいない。これでは対象者が限定され、新制度の効果が薄い。経営側は審議会の場で年収を引き下げるなどして対象者を拡大することを狙っている。

審議会は経営側委員、労働側委員、公益委員の3者で構成されるが、経営側委員の一人は

「年収1000万円以上になると中小企業では制度をまったく活用できない。中小企業を含めて多くの働き手が対象になるようにしてほしい」

と、早くも本音をさらけ出している。

また、経団連の榊原定征会長も

「全労働者の10%程度が適用を受けられる制度にすべき」

と記者会見で述べている。

労働者の10%といえば、500万人程度になる計算だ。


http://president.jp/articles/-/13071

安部政権がどうしてもごり押ししたい「残業ゼロ法案」ですが、やはりというか、対象を大幅に広げる魂胆がありありです。
総務省の労働力調査(2012年)によると、週20時間以上も残業している30~39歳は20%もいて、月間で80時間以上になります。平均でも50時間です。
ここから平均賃金で計算した場合の31歳の月間残業代は、11万6900円。35歳は14万1100円。39歳は16万9350円になるそうで、年収換算では、
31歳 140万2800円
35歳 169万3200円
39歳 203万2200円
・・・・もの年収減です。これじゃ住宅ローンなんか組んでたら破産ですね。
国民無視の自民党政権によって、こんなむちゃくちゃなことが現実には着々と進んでいるのです。
従順すぎる日本人もそろそろ本気で怒らないと、かなり急ピッチでやばくなってきてますよ。

歴代最悪総理は小泉か野田ブタだと思ってますが、安部は越えそうですね。
選挙前の公約は守らず、やって欲しくないことは漏れなく実行www
早く引きずり出さないと日本が壊れます。
nhk140422.jpg



日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

FXで稼ぐなら・・・


人気ブログランキングへ


CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
ブログランキング
bnr02.gif
スポンサーサイト



この記事のURL | 過去記事 日経225先物&CFDのトレード結果 | ▲ top
| メイン |