2020 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 06
日経225先物 6月11,12日の結果 -140000円
2014/06/12(Thu)
日経225先物 6月11,12日の結果 -140000円

今月合計  +120000円

ED-AS020_bkrvfl_DV_20140330162215.jpg


強いの弱いのかわからない難しい相場がつづきますね。
おそらくはSQ算出に絡む、公的資金や外資大口投資主体、そしてフラッシュボーイズの“どつき合い”がこの変な動きになってるのですが、
昔から先物に関しては、大口枚数はれる者が市場を制しますので、最後は腕力勝負です。
青い目の先物番長が上げたいのか下げたいのか知りませんが、何も考えず淡々とやりましょう。


2007年春、ロイヤル・バンク・オブ・カナダのニューヨーク支店で株式トレーディング部門を率いていたブラッド・カツヤマ氏はマーケットの動きがおかしい、と感じた。インテルの株式1万株を1株22ドルで買おうと「買い」ボタンを押したとたん、売り注文が消えてしまったのだ。まるでマーケットが彼の心を読んで彼が買う前に売り注文を変えてしまったかのようだった。その見方は当たらずとも遠からずだった。


 ウォール街は常に多くの詐欺師やならず者を引きつける。マイケル・ルイス氏は新著「フラッシュ・ボーイズ」で、高頻度取引業者は、高度なコンピューター技術や光ファイバー、マイクロ波の電波塔を悪用して数千分の1秒単位で他の投資家に先がけて取引を執行し、大手の投資家も悩ませる今日的な市場の無法者だと語る。彼らは証券取引所を過去に例のない大きな変動を繰り返すコンピューターの化け物にしてしまった。


 かつて投資家は株取引をするにはトレーダーに電話をしたものだった。そしてトレーダーは、取引を可能な限り有利な条件で執行するために他の生身の人間に話を持って行った。コンピューター化によって、このプロセスから少しずつ人間が消えていった。その代わり、買い注文・売り注文はコンピューターのサーバーの中で出会うようになった。立会場で派手なジャケットを着て大声で叫ぶ男たちは時代遅れになった。



http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303702904579476513706046106


日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

FXで稼ぐなら・・・


人気ブログランキングへ


CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
ブログランキング
bnr02.gif
スポンサーサイト



この記事のURL | 過去記事 日経225先物&CFDのトレード結果 | ▲ top
| メイン |