2020 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 06
老舗の赤木屋証券、年内で廃業へ
2012/11/28(Wed)
老舗の赤木屋証券、年内で廃業へ


創業90年の老舗中堅証券「赤木屋証券」(本社・東京都中央区)が来月末で廃業することがわかった。証券会社としての看板は下ろすが、会社は存続し、当面、証券街・兜町にほど近い本社ビルに昨年秋オープンした喫茶店「赤木屋珈琲(コーヒー)」を続けていくという。

 赤木屋証券は1922(大正11)年の創業。株式相場の低迷や、手数料の自由化で経営環境が厳しくなるなか、自社の資金を使った株式売買を細々と続けてきた。だが、東京証券取引所が一昨年に導入した高速の売買システムについていけず、利益が出しにくくなっていた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121128-00000013-asahi-ind


証券会社の数がどんどん減っていますね。

ほとんどの証券会社が加盟する日本証券業協会の会員数は2011年に5年ぶりに300社を割り込んでいて、

過去20年で見ると、147社が姿を消しています。

特に目立つのが中小地場証券の廃業ですね。

個人投資家の売買がネット取引に移っている上、

自己売買部門でもコンピューターを駆使した高速売買に太刀打ちできなくなったのが主因です。

今回の赤木屋証券の前だと、

79年前に営業を始めた老舗の中小証券、十字屋証券は12年3月末に金融庁の金融商品取引業の登録を取り消し、証券業を廃業。

さらに、11年には約80年の歴史を持つ大成証券が証券業務を廃止しました。

私の事務所は北浜の大阪証券取引所がすぐ近くで、中小地場証券もたくさんありましたが、

最盛期のころと比べるとずいぶんと少なくなりましたね。

今はプロでさえ、自分のメシが食えない時代・・・・

私は個人で専業トレーダーですが、我ながらよく生き残ってるなと思います。

かつて相場で大失敗した経験が、“いつか勝てなくなる日がくる”という茫洋とした不安となり、

それが前に前に私を走らせる・・・。

土日の休日でも時間があれば相場の研究しかしないですね。なかなかの基地外ですw

けれど、それでちょうどいいのかもしれません。

相場の世界に限らず、あらゆる競争と闘いの世界は下りのエスカレーターです。

何もしない、立ち止まっていたら、どんどん下に置いてかれる・・・・。

休まず歩いて上って、やっと現状維持がいいとこ。

休まず小走りでなんとか少しずつ上にいける。

私にはこれといった才能がないので、この世界で死ぬまで走るつもりです。

長年一人でパソコンに向かってると隔世の孤独感を感じることもありますが、

いろんな「自由」と引き換えに自分が選んだ道ですから。。。


商社マンに憧れた学生時代はおろか、脱サラして起業し上昇志向バリバリの当時でも、今の自分の姿は想像できませんでした。

幸をもたらすと思ってたものが不幸を連れて来て、

不幸をもたらすと思ってたものが幸を連れて来る・・・・人間万事塞翁が馬 (じんかんばんじさいおうがうま)

人間の人生なんてホントわかりませんね(^^;)

c189ae81.gif




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ
にほんブログ村
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

私は日経225先物もやっています。こちらのブログです↓
日経225先物ブログ

FXに関する情報収集なら下記リンクがおススメです(^^)

にほんブログ村 為替ブログへ

にほんブログ村banner2.gif

bnr02.gif
ブログランキング

FXランキング



FXランキング


ブログ為替レート日経225先物ブログはこちら
スポンサーサイト



この記事のURL | 過去記事 雑文コラム~管理人の独り言~ | ▲ top
| メイン |