2020 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2020 07
日本なんかどうなったていい!!by 甘利
2012/09/13(Thu)
日本なんかどうなったていい!!by 甘利

29_amariakira.jpg


甘利明氏が原発スラップ裁判、テレビ東京を名誉毀損で起訴。
http://www.labornetjp.org/news/2012/1347255028080mu07

2012年8月28日午後二時103号法廷で名誉毀損裁判が行われた。 原告は元経産大臣の甘利明氏。
損害賠償と謝罪放送を求めた相手はテレビ東京とその記者三名。

傍聴したところでは、テレビ東京が取材中、津波被害は当事者として意識していなかったと話した原告に対して、
津波被害を予測した共産党の「質問主意書」を出し、地震の他に津波被害で電源を喪失する可能性を既に指摘
してあると伝えると、甘利氏が無言で席を外し、“取材は中断となりました”とナレーションとテロップを入れた事
に対しての提訴だ。
原告の甘利氏側は「悪意を持って報道された」「嵌められたと思った」「後半部分のやり取りはカットすると言った
のにしなかった」 番組内容は「ワイドショー的な人を貶めようとするもの」と主張した。

一方のテレビ東京側は「インタビューから逃げたのは事実です」取材中に甘利氏が「あんな物が放送されたらた
まらない、俺の政治家生命は終わりだ!」と記者に詰め寄った事や「日本なんかどうなったっていい!と話しまし
た」ほか「視聴者に甘利氏の無責任な姿を伝えたかった」などと反論し、報道の正当性を裁判官に訴えた。
政治家が放送局と記者を訴えるとは余程の捏造報道かと思ったが、「取材事実をありのままに放送した」事への
名誉毀損の裁判というのも珍しい。名誉毀損の損害賠償金額は約一千万円。 それに謝罪放送を求めている。

ちなみに甘利明氏は裁判途中で原告席から姿を消した。 この裁判について甘利氏の地元事務所に問い合わせ
たが、スタッフも地元の支援者もこの裁判の事は良く知らないと答えた。


口先だけのシンゾーといい、シンタローのバカ息子といい、この余りといい、

政治屋にろくなのがいないのはわかっていますが、

最近の劣化は目を覆うばかりですね。

このままいけば日本は終わりそうだw

為政者に時代を貫くような哲学、倫理、国家観がないから、それはいずれ国家の終焉を目指すこととなる。

権勢を誇ったローマ帝国も最後は内から崩壊していきましたが、日本もそうなりそうですね。

生活インフラや財・サービスの豊富さ、治安等の総合住環境システムとしての日本を鑑みれば、

日本はまだまだ使える国ではあります。

国家に過度に期待せずに、日本というシステムの自分なりの利用の仕方を模索するべきです。

自分の人生は一度きり・・・・無思考の依存体質では国家に奪われ続けるだけです。
スポンサーサイト



この記事のURL | 過去記事 雑文コラム~管理人の独り言~ | ▲ top
| メイン |