2020 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 06
日経225先物 6月17日の結果
2011/06/17(Fri)
日経225先物 6月17日の結果

他のトレーダーの皆さんの成績は・・・

本日は寄り付き「売り」で11万円勝ちでした

今月成績 7勝4敗2分 +24万円

システム配信等のお問い合わせ・お申し込みは・・・

nk225longshort@yahoo.co.jp または fxde50man@mail.goo.ne.jp

人気ブログランキングへ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

アメリカがどうもきな臭いです。

各種の経済指標や投資分野のテクニカルチャートを見てもじわじわ弱気に傾いていて、

久しぶりに“どーん”と↓きそうな気がしてなりません。。。。。

日本の能天気なテレビ番組を見ていてはアメリカの末期症状がリアルに見えてきませんが、

現在のアメリカでは4500万人もの人々がフードスタンプ(食料配給券)がなければ生活できないのが現実です。

アメリカ人の7人に1人が“食料難民”なのです。

一度、職を失うと再就職が極めて難しく、マックジョブに代表されるような低賃金労働しか仕事がないのが原因です。

リーマンショックから立ち直ったように勘違いしていまいがちですが、根本的な解決はできていないのです。


わが国では未だに放射能がダダ漏れで事態の収拾は困難を通り越して制御不能の段階に入っていて、

これらはやがて周辺地域への雇用破壊へとつながる可能性が高いです。

ブログでは再三、福島原発の著しく困難な状況について書いてきました。

先の戦争を越える凶事であること、国家存立基盤を根底から揺さぶる大事だと書いてきましたが、

この認識・スタンスにはいささかの変化もありません。

むしろ想像よりも酷くなっているというのが本音です。

3.11後に流布された政府・東電や御用学者たちの“安全デマ”がことごとくデタラメなのは、

過去のニュース記事などを検証すれば誰でも確認できます。

大人が多少被曝しても、もともとの寿命との競争になるだけなのでまだいいです。

しかしながら、妊婦や乳幼児は別です。被曝感度が桁外れに高い。

先日、私の知人女性につづき、妻の友人の母親(60代・関東在住)が鼻血や咽喉の痛みを訴えました。

少し前までは、こんな小さな異変は現実逃避したい臆病者によって“デマ”扱いされていましたが、

ついに新聞も取り上げました↓真実は隠しきれません・・・・。
d8c868fc-s.jpg

“安全デマ”に逃げるのは個人の自由です。

けれど、子供たちには未来がある。

希望を胸に人生の喜びも悲しみも味わう権利がある。

友との出会いや、異性のとの恋愛、様々な出会いと別れを経験して人生を自由に旅する権利がある。

自己保身しか考えない薄汚い大人や臆病で愚かな大人たちに子供たちの未来を奪う資格などない。

前にも書きましたが、

西日本で無料で母子・子供たちを受け入れてくれる自治体・施設があります。

無料で住居も仕事も用意してくれますので普通に生活ができます。

今ならまだ間に合います。。。。

「最も強い者が生き残ったわけではない。最も賢い者が生き残ったわけでもない。唯一、変化に対応した者が生き残ったのだ。」

                                チャールズ・ダーウィン



日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

さらに役に立つ225投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
ブログランキング
bnr02.gif
120x60b.gif
★日経225先物・OPランキング★
スポンサーサイト



この記事のURL | 過去記事 日経225先物&CFDのトレード結果 | ▲ top
| メイン |