2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
京大の心理実験でわかった「10%消費増税」が日本を滅ぼす
2017/11/23(Thu)
今、日本は、不適切で不条理な為政者達の振る舞いのせいで、「核」の可能性すら想定可能な北朝鮮からの攻撃によって、「大量の死者を導く大被害」を被りかねない状況におかれています。

ですが、仮に北の脅威を免れたとしても、核兵器と同レベル、あるいはそれ以上の被害をもたらし得る破壊力を秘めた対策が今、敢行されようとしています。

2019年の秋の、10%への消費増税です。

しかも――この度改めて京都大学で行った「消費者心理実験」から、今度の「10%」への消費税増税は、これまでとはまったく異なる次元の凄まじいインパクトを与えることが示されています。

つまり今度の増税は「2%税率が上がる」という効果に加えて、「税率が10%になる」ということそれ自身が、激しく消費を冷え込ませる「特別効果」を持つことが示されたのです。

この実験では、様々な商品を買うシチュエーションを想定し、その状況下で様々なパターンでの「増税」を被験者に呈示しました。そしてそのそれぞれで「商品を買い控えするかどうか」を測定しました。こうして、どういう増税がどれだけのインパクトを持つかを測定したわけです。

実験参加者は男性女性100名ずつの合計200名。この皆さんに5つの増税仮想状況を呈示し、それぞれでの「買い控え」の程度を測定しました。


http://www.mag2.com/p/money/339998/2?l=vvf060231f
54679879.png

消費増税には一貫して反対の立場をとってきましたが、
先日も破壊神アベシンゾーが消費増税の中止はないと言明するなど、相当にヤバい状況ですね。
消費税10%だと負担額の計算が一発なので、普段あまり消費税を気にしない人ですら、意識するようになる。
実際、京都大学の実験結果は衝撃的ですね。
得られたデータを統計分析したところ、「10%への2%増税」は、
これまでの「1.4倍もの消費縮退効果」を持つことが示されたそうです。
男女別に分析をしたところ、その「10%増税効果」は、
女性において凄まじく顕著だそうで、じつに2.9倍もの消費縮退効果です。
内需は女性によるところが大きいから、これは深刻ですね。
私も長く会社経営してるからわかりますが、2%のアップは重い。
消費税10%だと利益率の低い零細企業は壊滅です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

c_01.gif


スポンサーサイト



この記事のURL | 未分類 | ▲ top
11/22の結果
2017/11/23(Thu)
FX

+77pips

●FX今月合計  +307pips

バイナリーオプション

8勝

●バイナリーオプション今月合計  勝ち越し数 11
*1回(1勝)あたり10000円の掛け金の場合 +8800円  
50000円の場合 +44000円   100000円の場合 +88000円の利益です。


日経225先物

お休み



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

c_01.gif









この記事のURL | 未分類 | ▲ top
ライトプラン・ワンデーBOの結果
2017/11/23(Thu)
11/22の結果

◎ライトプラン

+12pips 訂正

合計 +10pips

◎ワンデーBO

2勝

合計 2勝2敗


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

c_01.gif









この記事のURL | 未分類 | ▲ top
| メイン |